医者も驚く明主様の御力娘の鼓膜が回復するご浄霊の奇蹟

三雲支部 小林祐子  『光明世界』誌平成27年秋号掲載

私は入信38年になります。主人の知人からこの信仰を勧められ、長女が生まれる直前に夫婦で入信しました。その間に、子供を4人授かり、数多くの奇蹟を見せて頂きました。

 ある時、お湯を沸かそうとしてやかんを火にかけ、すっかり忘れて外出してしまい、危うく火事になりかけました。帰宅すると、やかんは真っ黒に焦げていました。しかし、ガスがちょうどなくなって火は消えておりました。その光景を見た時、私は明主様にお護り頂いたのだと感謝申し上げました。

 

 また、長女が1歳7ヵ月の頃、綿棒を耳に深く差して鼓膜が破れた時には、先生より「頭を中心にご浄霊をしてあげなさい」と教えて頂きました。お蔭で難聴になることもなく鼓膜がくっつき、診察した医師が驚いていました。

 頭の形に歪みがあった長男は、7~8ヵ月の頃、毎晩熱を出し、汗をかくようになりました。「歪んでいる頭が元に戻ろうとしているのだから、よくご浄霊をしてあげて下さい」と教えて頂き、毎晩主人と交代でご浄霊をしました。お蔭で頭の形がよくなり、数ヵ月で汗も熱も出なくなりました。

 

 商売にも多くのお蔭を頂きました。独立したばかりで売り上げが悪く、毎月、月末の支払日には商品代金の支払に困っておりました。しかし、そんな時には決まって大きな商品が現金で売れたり、溜まっていた掛け金が入金したりして、何度も救われてきました。

 私は10年前から、急に髪の毛が抜け始め、耳から上の髪の毛が全て無くなってしまいました。毎晩、髪の毛が野球ボール大の量で抜け落ちていき、抜ける度に不安で心細かったのを覚えています。毎晩家族からご浄霊を頂き、不安な気持ちを全て明主様にお任せしよう、と思った時、髪の毛が抜けたことが苦にならなくなりました。2年間つるつるの状態が続き、3年目から徐々に生え出し、9年目ぐらいからようやく健康な髪になりました。

 

 長女が高校時代からの親友の甥とご縁を頂いて結婚し、長男も授かりました。他の子供達もそれぞれ結婚し、子供にも恵まれました。 

 

生きていくのに良い事ばかりではなく、困難な事もたくさんありますが、起きた事柄を良い方向へと導いて頂けるのが明主様のご存在であり、この信仰の有難さです。全てお任せの心で、これからも精進、努力させて頂きます。