浄霊で十数種の医薬を断ち切る 健康回復し、精神安定して復職へ

明綸支部 伊藤孝典 『神教』紙平成18年10月号掲載

 昨年6月26日、両親と三人で入信させていただきました。きっかけは私自身の病気で、母親の知人の日置さんより紹介していただきました。
  当時の私は、仕事の忙しさの中で体調を崩し、10種類の精神安定剤と3種類の睡眠導入薬を1年近く服用していました。
  多量の薬の副作用からか、頭はボーッとして一日中眠気を催し、気分の浮き沈みが激しく、自分の感情をコントロールできませんでした。そのためとても疲れてしまい、仕事も休みがちでした。
  当時は、千葉県内の事務所に勤めておりましたので、入信後は両親から遠隔浄霊をいただいておりました。しかし、支部長先生からご指導をいただいても、不安で薬を止めることができませんでした。
  また、会社の寮での一人暮らしのため、ジュースを1日に2~3本飲み、ラーメン、ハンバーガー、コンビニのお菓子などを食べ続けており、食生活も乱れていました。
  そして、仕事がうまく進まないことに対するイライラとマイナス思考で、精神的にもさらに悪循環に陥ってしまいました。 
  とうとう昨年の7月初旬に体調が悪化し、「自宅療養」との診断書を出されました。実家のある三重県で療養生活を始めてからも、薬を止めることによる反動が怖く、服用を続けました。しかし、昨年九月の教会三十周年信徒大会での皆様の体験発表を聞いて感動し、薬を止めることを決意しました。
  早速、薬を止めた翌日よりご浄化をいただきました。頭痛やめまい、吐き気が続き、一日中横になっている日もありました。そんな頃、支部長先生よりご指導をいただき、先生の御元へと2カ月間毎日お訪ねしました。教会や支部の使えない時には集会所へご参拝に、またご奉仕にと通いました。そして、毎日ご浄霊をいただき、約3週間後には随分体調を良くしていただきました。
  また、地元三重県へのUターンの想いが強くなりました。支部長先生からも「近くでご浄霊のできる光の強い三重県へ」とご指導いただき、転職を決意しました。
  昨年11月頃から転職活動を始めました。約20社の不合格が続きましたが、ついに、今年1月に内定をいただきました。現在の会社は、自分の持つ資格免許が生かせ、穏やかな居心地良い職場で楽しく仕事をしております。この8月には正社員となれました。
  入信前と現在の自分を比較してみますと、入信前の性格はマイナス思考で短気でした。また、薬の副作用で一日中眠気があり、頭の中は霧がかかったようでした。もちろん食生活も乱れていました。
  しかし、この信仰にご縁をいただき、良くしていただいた今では、頭の中がスッキリとして、快晴の青空のようです。食生活も改善されて体調も良く、性格も少しずつ穏やかになってきたと思います。仕事も順調に運んでいただき、愚痴や不平不満なく勤務しております。