ひどいアトピーが浄霊で癒さる 再浄化の私のために主人もご浄霊を

南島支部 大西真美子 『神教』紙平成12年8月号掲載

 結婚1年目にアトピー性皮膚炎の大浄化をいただきました。腕、足、首はもちろん、顔や頭にもたくさん湿疹ができ、髪の毛も抜け、かつらをかぶらなければいけないほどでした。毎日、布団に血や膿がべったりとつき、朝はひどい目ヤニのため目が開かない状態でした。
 支部へ毎日ご参拝し、1日3回ご浄霊をいただくように努めました。すると、半年でかつらをとることができ、なんと1年半後には仕事ができるようになったのです。
 その後の平成8年4月には、5年間できなかった子供も無事授けていただきました。子供にもアトピー症状が出るかと心配していましたが、その様子はなく、今年4月から毎日元気に保育園へ通っております。
 昨年10月頃から再び私のアトピーが始まりました。今度は腕、足、顔、背中と手の指にも出たため、家事もできません。11月中頃には、しばらく実家に帰ることにしました。
 主人はまだ入信していませんでしたが、以前の浄化の時も、私が病院に行かず、ご浄霊で治していただくことに色々と協力してくれました。私が実家に帰ることにも快く賛成してくれ、一人で何かと不自由でしたでしょうが愚痴もこぼさず、私のために休みをとって一緒にご参拝してくれました。
 私は、実家から毎日支部へご参拝し、支部長先生や信者さんからご浄霊をいただきました。12月中頃には顔もずいぶんきれいになり、手は手袋をすれば何とか家事ができる状態となりました。お正月も近かったので、家に戻りました。
 その後もご参拝やご浄霊を続けていたのですが、良くなりかけていたにも関わらず、右手は手袋をしなければ膿が服などについてしまうような状態でした。そのうち左手にも手袋、足には包帯、顔は湿疹で腫れ上がり、体には今まで以上の湿疹が出てきました。
 会長先生は「体内の毒素が膿として出ているのです。出るだけ出してもらいなさい」と、にこやかにご指導下さいました。ご浄霊で良くなるとは思うのですが「一度良くなりかけていたのにどうして」と涙をこらえ、何がいけなかったのかと色々考えました。
 そんな時、主人が「僕も入信するよ」と、思いがけない言葉をかけてくれました。私も子供も、主人からご浄霊をいただけることを喜びました。ご浄霊で浄化も楽にしていただき、無理だからと断っていた仕事も勤めることができました。
 子供の入園式を終えてから再び顔に湿疹が出てきましたが、今度は今までのように外に出ることも苦にならず、保育園の送迎もひどい顔のまま行きました。
 今までは「病院にも行かずに‥‥」と言っていた人も、「段々きれいになってきたね。神様に一生懸命になりなさいよ」と言って下さいます。私がきれいになっていくことで、他の人達にもご浄霊の素晴らしさが分かってもらえるのだと嬉しく思いました。
 今では顔もきれいになり、抜けていた髪の毛も伸びてきました。明主様、本当にありがとうございました。